ヘッダー画像

車の買取査定でよくあるトラブル

image


車の買取査定の時、よくあるトラブルというものがあります。


ます、売り手側のミスによる場合、ローンやエコカー減税が関わってきます。

ローンの支払いが終わっていないのに、売却してしまったケースです。

オートローンなどの場合、所有者は売主ではなくローン会社です。

その為、勝手に売却する事は許されていないのです。


また、エコカー減税の期間が終わっていないうちに売却すると、返済しなければならくなります。

それを知らずに売却してしまったことでもめるケースもあるのです。


テストですはい

買取査定をする業者の場合、査定価格のことでもめる事が多いです。

査定の時に言われた金額と、契約した後の金額があまりにも違っていたことで、もめたケースがあります。

業者には二重査定の行為が許されているためです。


また、一度買い取っておきながら、後で、車に事故修理の跡が見つかったからと契約解除、詐欺行為だと言って高額な賠償請求まで行ってくるケースもあります。

賠償請求までなくても、運搬費、買取金額の返済などは求められることが多いです。

このようなトラブルを避けるためには、車を売る時、業者をしっかりと見極める必要があります。

信頼のできる業者を選んで、気持よく車を買い取ってもらうようにしましょう。